こどもえんつくし(福山市)/社会福祉法人つくし会

つくしブログ

2021-1-13

小学校ってどんなところ?

2021年1月13日(水)に,樹徳小学校・久松台小学校から先生が来られ,国語の
模擬授業(出前授業)が行われました。その概要をお知らせします。この事業
は,樹徳・久松台学区保幼小連絡協議会(コーディネーターは大庭三枝・福山
市立大学准教授)が実施するものです。

①絵を見ながら,クイズに答える(例:りんご)
〇先生「これは何でしょう?」 園児「はい,りんごです。」
〇先生「いくつの文字でできているかな?」 園児「はい,3つです。」
〇一緒に数えてみましょう。1,2,3・・・
  さる,かさ,パンダ,ライオン,ランドセル,目
②鉛筆を使った体験をする。
〇これは何でしょう。(イラストを見ながら)
  かに,いるか,わに,ぞう,ランドセル
〇2つの文字でできているものを見つけて,〇で囲みます。
  (先生が助言,できたら〇をつけてくださる)
③振り返りをする。
先生「きょうの勉強でわかったことや,これから楽しみだと思った
   ことはありますか?」
園時:「体育が楽しみです」「給食が楽しみです」「この前植えたチューリップ
   は何色かなあ?」

いくつの文字でできているかな?
はーい! 〇付けました!

最初は緊張していた子どもたちも,先生のお話に引き込まれ,小学生になったよ
うな気分で授業に参加しました。子どもたちは,4月からの小学校生活のイメー
ジを少しですがもつことができたと思います。先生方ありがとうございました。