こどもえんつくし(福山市)/社会福祉法人つくし会

NEWS

2021-6-2

乳幼児教育から平和を考える

福山市立大学教育学部の大庭三枝先生から,学会の案内をいただきました。

2021年12月18日(土)・19日(日)に福山市立大学で日本乳幼児教育学会
第31回大会が開催されます。

「子どもにとって平和とは」のテーマは,平和教育のメッカである広島の地に
ふさわしいものです。

教育講演・記念講演・大会企画シンポは一般の方も聴講可能です。

Home

教育講演 「ヒロシマで培われてきた乳幼児教育」(仮)
森 楙(しげる)(広島大学名誉教授)
記念講演 「子どもたちの未来のために今できることー絵本と平和―」(仮)
アーサー・ビナード(詩人・絵本作家)
大会企画シンポジウムⅠ「子どもにとっての平和を考える~世界から、
地域から~」(鼎談)
司会
日浦 直美(関西学院大学)・七木田 敦(広島大学)
シンポジスト
秋田 喜代美(学習院大学)
門田 理世(西南学院大学)
大庭 三枝(福山市立大学)
大会企画シンポジウムⅡ 「子どもが安心して育つことのできる環境とは」(仮)
司会 劉 郷英(福山市立大学)・中坪 史典(広島大学)
話題提供
掛札 逸美(保育の安全研究・教育センター代表)
石川 幸枝(社会福祉法人愛児福祉会常務理事)
佐藤 千穂美(ベビーケアハウスhonoka代表)
指定討論
三宅 茂夫(神戸女子大学)             ※敬称略