こどもえんつくし(福山市)/社会福祉法人つくし会

食育通信

2022-12-28

December

12月22日は、待ちに待ったクリスマス会🎄

サンタクロースがプレゼントを持ってやってきてくれました。

給食もクリスマスメニューです🎅

★鶏の丸焼き…クリスマスのメインディッシュ!!

子どもたちは、香ばしく焼けたローストチキンに大喜びでした。

★ライスピザ…生地はお米を使い色とりどりの野菜を載せたピザです。

★プチコロッケ…まん丸のかわいいコロッケは子どもたちに大好評!

★冬野菜サラダ…金時人参のドレッシングで和えたれんこん、だいこん、

ブロッコリー、カリフラワーのサラダです。

★かぼちゃのポタージュ…12月22日は冬至だったので、縁起物のかぼちゃ

(かぼちゃは「なんきん」とよ呼ばれ「(う)ん」が良い,また栄養価が高く

風邪をひきにくいとされています)を使いました。

ボリューム満点のワンプレート給食でした!

おかわりもたくさんありましたが、あっという間に完食💛

「どれもおいしかった~」と喜んでもらえてよかったです💛

27日は保育納めで一足先におせち料理を食べました。

おせち料理とは本来、お正月だけのものではありませんでしたが、

江戸時代にこの行事が庶民に広まると、

一年の節日で一番大切なお正月にふるまわれる料理が

「おせち料理」と呼ばれるようになったそうです。

★黒豆…「まめ」に働けるようにという意味があります。

★紅白なます…紅白の組み合わせは平和を願う縁起物です。

★くわいの煮物…ぐんぐんと上に伸びていく様子が、

出世や向上を連想させ縁起がいいとされています。

福山の特産物です。

★年越しうどん

★海老…腰が曲がるまで丈夫という長寿の願いが込められ、

海老の赤色は魔よけの色とも言われています。 

※おせち料理は、地域によって少しずつ違うようです。

「くろまめ、おいしい~」、「くわい好きだから最後に食べる!」と

子どもたちは、ひとつひとつ味わいながらよく食べていました😋

おうちではどんなおせち料理を食べましたか?😀